We are Rhino Inc.

Company
Profile

06

Team leader talking about our work.

各チームのリーダーに聞くそれぞれの役割と仕事。

Editorial
平野正樹
制作部チーフエディター

編集者が在籍し、カタログ、WEB、店頭販促物などあらゆるコンテンツを制作する部署です。編集にはクライアントの課題や要望、予算や納期などの制約がある中で企画を練り、「編んで集める」ものづくりが求められる。弊社には外部クリエイターとの密なつながりや、社内にWEB、グラフィックのクリエイティブ機能があります。それらを駆使してスピーディな対応ができ、案件ごとに最良のコンテンツを提供できていると感じますね。編集メンバーも個性豊か。今はアパレルの案件が多いですが、各々の持ち味を発揮してジャンルレスな編集ができたらと思います。

Design
西原幹雄
アートディレクター

デザイン部では主にアパレルブランドのカタログや書籍、弊社発行の雑誌『フイナム・アンプラグド』のエディトリアルデザイン、また現在はLINE MOOK 『Toss !』のデザインも担当しています。仕事をするうえで大切にしていることはサービス精神とスピード感、そしてチームワークです。直接仕事に関わることではないかもしれませんが、週に一度、チーム全員でランチに行っています。仕事はもちろん、そういった時間を通じてチームが成長できればうれしいですね。今後は企業ロゴなどブランディングに関わる総合的なデザインの仕事にも挑戦していきたいと考えています。

Web
高取裕章
ウェブディレクター

WEB事業部では現在、オフィシャルサイトやWEBプロモーション、オウンドメディアの制作などをおこなっています。一般的なWEB制作会社の場合代理店をはさんでいることがほとんどかと思いますが、弊社では直接クライアントとやりとりをさせていただくケースが多く、キックオフのミーティングから自分も参加させてもらい、最終的な実装までを請け負います。クライアントと直接コミュニケーションを取れるということは、迅速かつ柔軟な対応を可能にしてくれるだけでなく、プロジェクトに対する自分たちの“やりがい”にもつながっているように感じます。

HOUYHNHNM
小牟田 亮
フイナム・チーフエディター

ぼくらはメンズファッションW EBマガジン『フイナム』と、フイナムの雑誌『フイナム・アンプラグド』を手がけています。作っているひと(=編集)のキャラが見える記事づくりを心がけていて、実際に全く異なる編集部員の趣味趣向がコンテンツから垣間見えます。だから、ユーザーにより親近感を持って読んでもらえる。『フイナム』という媒体ならではの強みです。あと「フイナムっぽくないもの」の共通認識を全員で持つことで、方向性をぶらさないことも大事かなと。その意味では他部署も含め、ライノには一体感があり、ライノっぽい空気感があると思っています。